【Shopify Flow】トリガー仕様書

ワークフローを設定する前に

どこポイのShopify Flowのトリガーには「ON/OFF機能」が管理画面に設置されています。

Shopify Flowの設定を開始する前に、利用するトリガーのチェックボックスにチェックを入れてください。

※チェックが入っていない状態でShopify Flowのトリガーは動作しません。

どこポイ トリガー仕様書 チェック画像

トリガー「ポイントが付与された」「ポイントが利用された」にチェックを入れるとオプションの設定が可能になります。

※オプション設定を開始する前に必ずお読みください

オプションは、Shopify Flowによってアクションが発動した後にそれぞれのトリガーが動く仕組みとなっています。 そのため、以下のようなワークフローは無限ループとなるため、必ず条件などで分岐させてワークフローが終了するように設定してください。

 

「ポイントが付与された」

どこポイにてポイントが付与されたタイミングで実行されるトリガー

「付与予定」ではなく「取得済み」ステータスに切り替わってから実行されます。

また、一時的に利用されていたポイントが商品キャンセル時に返還された場合、店舗からの手動付与の場合も実行されます。

 

項目名 説明
customer.id
ポイントが変更された顧客のShpifyでのID

gid://shopify/Customer/12345

dokopoiPointAdded 基本設定での付与されたポイントを表したプロパティ Number 50
dokopoiPointAddedExpireDate 基本設定で付与されたポイントの有効期限 String 2021-12-31
dokopoiConditionSettingPoint 条件設定により付与されたポイント String 30
dokopoiPoinTotalAdded 付与されたポイントの合計 Number 80
dokopoiPointType

通常付与(normal)

キャンセル時の返還(refund)

店舗による手動付与(manual)

新規顧客登録でのポイント付与(customer)

ShopifyFlowでのポイント付与(flow)

String normal
dokopoiPoint ポイント付与時点でどこポイに登録されているポイント Number 300
dokopoiTriggerAt トリガーが動作した日付と時刻(ISO8601) String 2022-01-01T00:00:00 +9:00

 【利用例】
ポイントが付与されたら付与ポイントをLINEで通知

 

「ポイントが利用された」

どこポイにてポイントが利用されたタイミングで実行されるトリガー

商品キャンセルの場合はポイントの返還が行われますが、ポイント利用のトリガーはその前の決済時に実行されます。(ポイントの返還が行われる場合はポイントが付与されたトリガーが実行されます)

💡有効期限切れや店舗での手動調整で減らされたポイントに関するトリガーもこちらで動作します

項目名 説明
customer.id
ポイントが変更された顧客のShpifyでのID

gid://shopify/Customer/12345

dokopoiPointConsumed 利用されたポイントを表したプロパティ。(負の値になります) Number

-500

dokopoiPointType

通常利用(normal)

キャンセル時のポイント減算(refund)

店舗による手動減算(manual)

有効期限切れの減算(limit)

ShopifyFlowでのポイント減算(flow)

String normal
dokopoiPointConsumedAbsolute 利用されたポイントの絶対値 Number 500
dokopiPoint ポイント利用時点でどこポイに登録されているポイント Number 300
dokopoiTriggerAt トリガーが動作した日付と時刻(ISO8601) String 2022-01-01T00:00:00 +9:00

【利用例】
ポイントが利用されたらレビュー依頼を送付 

 

「月初に当月で有効期限が切れる予定のポイントを取得する」

月初に当月で有効期限が切れる予定のポイントを取得します。

(このトリガーはバックエンドで月初の0:00に定期実行します)

項目名 説明
customer.id
ポイントが変更された顧客のShpifyでのID gid://shopify/Customer/12345
dokopoiLimitPoint 有効期限が切れるポイントの合計 Number 500

【利用例】
月初に当月で有効期限が切れる予定のポイントを取得してLINE通知 

 

「月初に当月時点での保有ポイントを取得する」

月初に当月時点での保有ポイントを取得します。

(このトリガーはバックエンドで月初の0:00に定期実行します)

項目名 説明
customer.id
ポイントが変更された顧客のShpifyでのID gid://shopify/Customer/12345
dokopoiLimitPointt
有効期限が切れるポイントの合計 Number

500

 【利用例】
月初に当月時点での保有ポイントを取得してLINE通知

 

「どこポイ顧客の情報を取得(日次)」

どこポイ顧客の情報を毎日0時に取得します

項目名 説明
customer.id
ポイントが変更された顧客のShpifyでのID gid://shopify/Customer/12345
dokopoiPoint
ポイント合計
Number

500

triggerYeartInt
取得年(整数)
Number

 2022

triggerYearStr
取得年(文字列)
String

 “2022”

triggerMonthInt
取得月(整数)
Number

 1

triggerMonthStr
取得月(文字列)
String

 “1”

triggerDateInt
取得日(整数)
Number

 1

triggerDateStr
取得日(文字列)
String

 “1”

dokopoiTriggerAt
トリガーが動作した時刻(ISO8601の日付とタイムスタンプ)
String

 2022-01-01T00:00:00 +9:00

 

(このトリガーはバックエンドで毎日0:00から順次、実行します)

【利用例】

  • メルマガ登録をした顧客にポイント付与(登録時に顧客タグにタグ付けをして、翌日にポイント付与)
  • 誕生日当日にポイント付与(事前に顧客タグまたはメタフィールドに誕生日情報を取得・追加しておき、誕生日当日にポイント付与)
  • その他、条件に合わせて(例えば、累計購入金額+メルマガ登録+定期注文を掛け合わせて会員ランク制度など)顧客タグに応じて翌日にポイント付与