【Shopify Flow】トリガー仕様書

「ポイントが付与された」

どこポイにてポイントが付与されたタイミングで実行されるトリガー

「付与予定」ではなく「取得済み」ステータスに切り替わってから実行される

また、一時的に利用されていたポイントが商品キャンセル時に返還された場合、店舗からの手動付与の場合も実行される

 

項目名 説明
customer_id ポイントが変更された顧客のShpifyでのID

gid://shopify/Customer/12345

dokopoiPointAdded 基本設定での付与されたポイントを表したプロパティ Number 50
dokopoiPointAddedExpireDate 基本設定で付与されたポイントの有効期限 String 2021-12-31
dokopoiConditionSettingPoint 条件設定により付与されたポイント String 30
dokopoiPoinTotalAdded 付与されたポイントの合計 Number 80
dokopoiPointType

通常付与(normal)

キャンセル時の返還(refund)

店舗による手動付与(manual)

新規顧客登録でのポイント付与(customer)

String normal
dokopoiPoint ポイント付与時点でどこポイに登録されているポイント Number 300

 

 

「ポイントが利用された」

どこポイにてポイントが利用されたタイミングで実行されるトリガー

商品のキャンセルの場合ポイントの返還が行われるが、ポイント利用のトリガーはその前の決済時に実行(ポイントの返還が行われる場合はポイントが付与されたトリガーが実行される)

💡有効期限切れや店舗での手動調整で減らされたポイントに関するトリガーもこちらで動作します

項目名 説明
shopify_customer_id ポイントが変更された顧客のShpifyでのID

gid://shopify/Customer/12345

dokopoiPointConsumed 利用されたポイントを表したプロパティ。(負の値になります) Number

-500

dokopoiPointType

通常利用(normal)

キャンセル時のポイント減算(refund)

店舗による手動減算(manual)

有効期限切れの減算(limit)

String normal
dokopoiPointConsumedAbsolute 利用されたポイントの絶対値 Number 500
dokopiPoint ポイント利用時点でどこポイに登録されているポイント Number 300

 

「月初に当月で有効期限が切れる予定のポイントを取得する」

月初に当月で有効期限が切れる予定のポイントを取得します。

(このトリガーはバックエンドで月初の0:00に定期実行します)

項目名 説明
customer_id ポイントが変更された顧客のShpifyでのID gid://shopify/Customer/12345
dokopoiLimitPoint 有効期限が切れるポイントの合計 Number 500

 

「月初に当月時点での保有ポイントを取得する」

月初に当月時点での保有ポイントを取得します。

(このトリガーはバックエンドで月初の0:00に定期実行します)

 

項目名 説明
customer_id ポイントが変更された顧客のShpifyでのID gid://shopify/Customer/12345
dokopoiLimitPoint 有効期限が切れるポイントの合計 Number 500