顧客のタグを利用した会員ランクの設定方法

はじめに

「会員ランク」はどこポイの機能にはございませんが、「条件によるポイント付与(※条件設定)」と「顧客のタグ」を利用することにより会員ランク機能として実装することが可能になります。
「顧客のタグ」をランクごとの累計金額を超えた際にを自動で切り替える(タグの追加・削除する)ためには、顧客のタグ付けを自動化できるアプリを追加する必要がございます。

ここでは仮の会員ランクを設定し、実際の手順を説明していきます。

※条件設定とは

顧客状況(顧客のタグ、累計購入金額、累計購入回数、購入時の金額、定期購買商品の注文)に応じて一定ポイント数の追加や、ポイント還元率の変更設定ができます。

「条件設定」のマニュアルはこちら > 
購入時、条件をベースにユーザーにポイントを付与する

      

    どこポイで「会員ランク」を設定してみよう

    例えば、以下の会員ランクを設定してみましょう。

    ダイヤモンド会員 プラチナ会員 ゴールド会員 シルバー会員
    累計購入金額 100,000円以上 50,000円〜99,999円 10,000円〜49,999円 0円〜9,999円
    ポイント付与率 10% 8% 6%  3%

     

    以下、2つの設定が必要になります。
    ①どこポイで顧客のタグごとに追加の還元率を設定する
    ②別アプリで会員ランクごとのタグを自動設定されるようにする

      

    どこポイで顧客のタグごとに追加の還元率を設定する

    「ゴールド会員」の場合 

    ▼基本設定

    ポイント還元率:100円=1p(付与率1%)

    ▼条件設定

    「条件設定」のタブを開き、新規追加から以下の条件を設定します。

    • 条件詳細:「顧客のタグ」に「ゴールド会員」が含まれる
    • アクション・ポイント設定:「基本設定の還元率の変更」
    • 基本設定の還元率:5.0%を設定 ※基本設定(還元率:1%)の還元率と合わせて合計6.0%になるように設定する

    ※他の会員ランクも同様のポイント付与率の変更をしてください


    注意点
    どこポイは「基本設定」の内容(例えば:100円=1p(付与率1%))をベースに、購入時の状況が「設定した条件」と一致した際に、「条件設定」の内容が追加されてポイントが付与される仕組みとなっています。したがって、基本設定のポイント付与率を加味した設定が必要です。

    ※基本設定でポイント付与率 0%の設定はできません

     

    別アプリで会員ランクごとのタグを自動設定されるようにする


    ▼タグ付けアプリをインストール

    今回は、注文・商品・顧客に対して設定した内容で自動でタグをつけることができるアプリ「Easy Tagging」を利用します。

    Shopify アプリ「Easy Tagging」

    複数の条件を追加したり細かな設定ができます。月額$4.99からのプランがあり15日間の無料体験も用意されています。

    https://apps.shopify.com/easy-tagging?locale=ja

    ※Easy Taggingの設定方法に関するご不明な点は直接「Easy Tagging」お問い合わせください

     

    ▼「Easy Tagging」の設定方法

    「Create New Empty Rule」をクリックして以下を入力します。

    • タイプ:Customer
    • ルール:total_spent(累計利用金額)
    • 条件:10000 greater or equal than / 49999 lower or equal than
    • タグを適用する:ゴールド会員
    • 新しいタグが適用されたときにタグを削除する:シルバー会員

    累計利用金額が「ゴールド会員」の条件を満たしたとき、自動でShopify管理画面の「顧客管理」に「ゴールド会員」タグが追加され「シルバー会員」タグが削除されます。